更年期障害を乗り切るためのサプリメントガイド

更年期サポートサプリSelect!

エクオールとイソフラボンの関係は?女性ホルモンと同じ働きって本当?

更新日:

美しい髪の毛や肌を作る働きを持つ女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分が、大豆等に多く含まれているイソフラボンです。

大豆イソフラボンを摂取すれば、エストロゲンを活性化させる効果を期待できます。

そんなイソフラボンよりも更に高い効果を期待する事ができると話題になっているのが、スーパーイソフラボンのエクオールです。

エクオールというのは、腸内細菌が大豆イソフラボンを分解した時に生み出されるものです。

ただ、大豆イソフラボンを摂取した人全員が、体内でエクオールを生み出せる訳ではありません。

エクオールを体内で生み出す事ができるのは、エクオール産生菌という腸内細菌がある人のみで、この腸内細菌が体内に存在しない人は、エクオールを生み出す事ができません。

生み出す事ができない人の場合、摂取した大豆イソフラボンはそのままの状態でエストロゲンに働きかける事になります。

勿論、大豆イソフラボンのままでも、エストロゲンを活性化させる効果は期待できますが、エクオールに変化をした方が、より高い効果を期待できます。

特に、更年期障害の軽減にはエクオールが有効と注目を集めています。

女性の場合、閉経の前後10年は、更年期障害に悩まされる事になります。

更年期障害で体や精神に様々な不調が出る原因のひとつがエストロゲンの大幅な減少です。

その為、更年期障害の症状の緩和には、エストロゲンを増やす事が有効となります。

大豆製品をしっかりと食べる等、大豆イソフラボンを積極的に摂取する事で、症状の緩和を期待する事ができますが、エクオールを作り出せる人と、作れない人では効果に差が出る事があります。

更に、エストロゲンの減少というのは、骨密度にも大きな影響を与えます。

エストロゲンには、骨が破壊されていく事を防ぐ働きもあり、分泌量がしっかりとある間は、骨密度が高い状態を維持する事ができます。

ですが、エストロゲンの分泌量が減れば、骨を守る事ができず、骨密度が落ち、骨粗鬆症になってしまう可能性が高くなります。

エクオールは、骨密度の維持や、骨粗鬆症の予防にも有効と注目を集めています。

そんなエクオールを作り出せない人は、更年期症状の緩和や骨密度の維持を諦めるしかないかといえばそうではありません。

現在は、手軽にエクオールを補えるサプリメントも販売されています。

ですから、更年期障害や骨密度に不安があるのであれば、エクオールサプリの活用がおすすめです。

エクオール+ラクトビオン酸(アドバンスト・メディカル・ケア)

エクオール女性ホルモンである「エストロゲン」と似た特性を持つことで、“スーパーイソフラボン”とも言われる「エクオール」を国内最大の10mg配合したサプリメントが「エクオール+ラクトビオン酸」です。

更年期障害の主な原因であるエストロゲンの減少に直接作用する働きがあるのはエクオールのみなので、とりあえずこれを選んでおけば間違いないと思います。

しかも、エクオール研究の専門医との共同開発により、エクオールの産生力を高める「ラクトビオン酸」を150mg配合することで、よりエクオールの働きをサポートしています。

おすすめの理由 なんといっても話題の「エクオール」配合だから女性ホルモン(エストロゲン)に直接働きかけます。また、エクオールの生成を助けるラクトビオン酸も配合しているので、効率よく体内にエクオールを吸収することができます。
価格 定期コースで5,832円(送料無料)定期便は初回解約OK
成分 女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをもつ「エクオール」を10mg配合し、エクオールを産生できない方でも直接エクオールを摂取することができます
安全性 医薬品レベルのGMP認定工場で製造されているので安心。成分自体も無添加で安心です。

>>最安値で買える公式通販はこちら

-基礎知識

Copyright© 更年期サポートサプリSelect! , 2017 All Rights Reserved.