更年期障害を乗り切るためのサプリメントガイド

更年期サポートサプリSelect!

更年期障害に対するプラセンタの効果とは?

更新日:

女性ホルモンのバランスが乱れることで様々な身体的・精神的不調が現れてしまう更年期障害。

自律神経失調症の一つでもあり、平均的には閉経を迎える前の45歳前後から始まることが多いようです。

そして更年期障害の症状には実に色々なものがあり、個人差もあれば、同じ人でも次々に別の症状に襲われることもあり、症状の出方にも波があります。

良く知られている更年期症状としては、いわゆるホットフラッシュと呼ばれる「のぼせ」や「ほてり」、そして大量に汗をかくなどの症状です。

その他にも、めまいや頭痛、腰痛、関節痛、食欲不振、そして不眠や憂鬱感…などなど、実に多種多様な症状があるんです。

そんな更年期障害の改善に、プラセンタが効果があると言われています。

プラセンタの特徴

プラセンタというのは英語で「胎盤」のことです。

胎盤は、哺乳動物が妊娠したときに一時的にできる臓器で、胎児に栄養や酸素を送るというとても大切な役割があります。

そしてそんなプラセンタ、最近では美容やアンチエイジング目的で活用されるようになってきています。

ヒトや動物などの胎盤から抽出された有効成分(プラセンタエキス)を注射などで体内に取り入れる治療のことを「プラセンタ療法」と言いますが、このプラセンタ療法は、更年期障害の症状を抑える効果もあるとされています。

現在日本で認可されており、更年期障害に効果があるとされているプラセンタ製剤は「メルスモン」。

メルスモンはヒトの胎盤から抽出されたプラセンタエキスで、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどの他、細胞分裂を促進させる成長因子(グロースファクター)などの栄養素が豊富に含まれています。

メルスモンを皮下注射することにより、加齢によって衰えた卵巣の働きをサポートして女性ホルモンのバランスを整えることで、更年期障害の症状の抑制が期待されます。

また、免疫力が上がったり血流が改善することでも更年期症状の軽減につながります。

プラセンタによる更年期障害治療のメリットというのは、ホルモン剤ではないために副作用のリスクが低いということです。

メルスモンが認可されたのは1956年ですが、現在まで重大な副作用が起きたという報告はありません。

ただし、ヒトの胎盤から抽出されているものなので、感染症のリスクはゼロではありません。

もちろん製造上で厳しくチェックはしているために限りなくその確率は低いですが、理論上完全にゼロだとも言い切れないことから、現在過去に一度でもプラセンタ注射をしたことがある人は献血はできなくなっています。

更年期症状を抑えるためにプラセンタ療法を希望する場合は、皮膚科や婦人科、内科などの病院や美容外科等のクリニックで受けることができます。

美容目的の場合は自費になりますが、「更年期障害」だと診断され、その治療の為にプラセンタを使用する場合には保険適用になります。

いずれにしても、プラセンタ治療を希望する場合は病院でじっくりと相談するようにしてくださいね。

エクオール+ラクトビオン酸(アドバンスト・メディカル・ケア)

エクオール女性ホルモンである「エストロゲン」と似た特性を持つことで、“スーパーイソフラボン”とも言われる「エクオール」を国内最大の10mg配合したサプリメントが「エクオール+ラクトビオン酸」です。

更年期障害の主な原因であるエストロゲンの減少に直接作用する働きがあるのはエクオールのみなので、とりあえずこれを選んでおけば間違いないと思います。

しかも、エクオール研究の専門医との共同開発により、エクオールの産生力を高める「ラクトビオン酸」を150mg配合することで、よりエクオールの働きをサポートしています。

おすすめの理由 なんといっても話題の「エクオール」配合だから女性ホルモン(エストロゲン)に直接働きかけます。また、エクオールの生成を助けるラクトビオン酸も配合しているので、効率よく体内にエクオールを吸収することができます。
価格 定期コースで5,832円(送料無料)定期便は初回解約OK
成分 女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをもつ「エクオール」を10mg配合し、エクオールを産生できない方でも直接エクオールを摂取することができます
安全性 医薬品レベルのGMP認定工場で製造されているので安心。成分自体も無添加で安心です。

>>最安値で買える公式通販はこちら

-基礎知識

Copyright© 更年期サポートサプリSelect! , 2017 All Rights Reserved.