更年期障害を乗り切るためのサプリメントガイド

更年期サポートサプリSelect!

自覚がでてきたら確認したい、更年期障害の主な治療方法

更新日:

更年期障害とは女性の誰もが「経験する」と言われているもので、”更年期”とは閉経を挟んだ前後の約10年の事を言います。

初潮の始まりの年齢が人それぞれだったように閉経の年齢も人それぞれで個人差があります。

更年期は一般的に45〜55歳の女性が「なりやすい」と言われている年齢なのですが、

更年期障害になってしまった場合治療法はあるのでしょうか?

実は更年期障害の治療法は大きく分けて3つあります。それでは更年期障害の治療法を詳しくご紹介いたします。

「ホルモン補充療法(HRT)」

ホルモン補充療法(HRT)とは減少した卵胞ホルモンの”エストロゲン”を補充する療法です。

また、子宮を有する場合にはプロゲステロンの”黄体ホルモン”を一緒に投与します。

この療法は保険適用で、自己負担も少なく更年期障害の根本的な治療法としてもっとも期待されています。

ちなみにホルモン補充療法(HRT)が効きやすい症状としてはのぼせや火照りなどの発汗や血管運動等の症状の改善、

動悸や知覚異常などの自律神経等の不調の改善、泌尿器生殖器の粘膜の乾燥などによって起きる萎縮性膣炎や性交痛などの改善です。

また、ホルモン補充療法(HRT)にはこんな効果も期待されています。

それが不眠症状の改善、コラーゲンを増やして肌のハリや潤いの改善です。

症状を治してくれるだけではなく、こんな効果が期待されているのは嬉しいですよね。

ですが、更年期障害の根本治療を目的とした薬なので更年期障害以外の症状を緩和させるために

漢方薬や抗うつ・抗不安薬を一緒に使用することもあります。

「漢方による治療」

ドラッグストア等で販売されている更年期の薬はほとんど漢方薬なので「更年期=漢方薬」と思っている方も少なくないでしょう。

東洋医学から生まれた漢方は症状改善に良いと言われているのでホルモン補充療法(HRT)の使用が出来ない場合や

多彩な更年期障害の訴えを持つ方にはまず試みられる方法の治療法です。

「抗うつ・抗不安薬などによる治療」

”うつ”や”不安”などの精神神経症状が主たる症状の場合や、ホルモン補充療法(HRT)が無効な場合に抗うつや抗不安薬が使用されます。

他にも専門のカウンセラーによるカウンセリングも効果的と言われています。

こういった治療方法を行い、進めながら誰かにしっかりと話を聞いてもらう事で心だけではなく、体のストレスも取り除かれる場合もあります。

専門のカウンセラーに話しにくいのであればご家族や親しい方に話を聞いてもらうだけでも全然違います。

「更年期障害の主な症状」

・汗をかきやすい ・のぼせる、火照る ・記憶力や判断力の衰え ・イライラしやすい ・憂鬱な気持ちになる

・寝つきが悪い、眠れない ・耳鳴り、頭痛、めまいがある ・動悸、息切れ ・疲れやすい ・吐き気や腹痛がある

・肩、腰、背中、手足に痛みがある ・手足が冷えやすい ・トイレが近い ・肌がカサカサする

・太る ・痩せる ・抜け毛が増える   が主な症状です。

これらが更年期障害の主な症状ではありますが、女性は冷え性の方が多いので「手足が冷えやすい」という方も少なくないでしょう。

そして代謝が良い人は汗をかきやすく、その日の体調によってイライラしやすかったり、疲れやすい日もあると思います。

なので、あくまでこれらは更年期障害の”目安”としてください。

沢山当てはまったからといって確実に更年期障害だとは言えません。

「まとめ」

月経が毎月来ている時は「早く止まればいい!」と思い、いざ閉経してしまうと「もう月経来ないのかな?」と思ってしまうものです。

月経が何ヶ月も来ないからといって独断で”更年期障害”と決めるのはよくありません。

更年期障害ではなく、何らかの病気で月経が止まってしまったのかもしれないので独断で決めず、きちんとお医者さんへ行きましょう。

もし更年期障害だった場合、自分に合った治療法を行う事で様々な症状を緩和してくれ今までと変わらないような生活を送ることができます。

 

更年期障害は人によって現れ方に個人差がありますが、めまい、ほてり、頭痛、不安感、不眠などの症状が出ます。

軽度の場合にはセルフケアを行うことで改善することができますが、生活に支障を来す程度になってくると、病院で治療を受けることが望ましいです。

更年期障害の症状にはどのように向き合っていけば良いのでしょうか?

まず軽度の場合には必ずしも病院に行かずに対処することもできます。

方法としては、ストレスを溜めないようにすることが大事です。

食生活に気をつけて和食中心にしてバランス良く食べる、軽く運動をする習慣を取り入れるといったことも大事です。

そうしたことをしても改善できない場合には、病院を受診して症状を解決することが大事です。

病院での治療ですが、女性ホルモンが減ってきているということで更年期障害が起こるので、女性ホルモンを補充することで症状を抑えることが期待できます。

女性ホルモンであるエストロゲンを飲み薬や貼り薬で補うことによって、症状を軽くすることができます。

特にほてり、のぼせ、発汗などの症状に効果を発揮してくれます。

エストロゲンと一緒に黄体ホルモンが処方されることも多いです。保険適用で自己負担を減らしながら治療をすることができるので、更年期障害の選択肢として

一番に選ばれている主となる方法です。

ホルモンを補充すること以外にも治療をする方法はいくつかあります。

その一つに漢方薬を内服するという方法があります。

漢方薬は古くから女性の不調に対して用いられてきているという歴史があり、更年期障害においても力を発揮してくれるものがあります。

漢方薬はその人の体質に合っていると、強い効果を発揮することが期待できるので、症状を改善してくれることにもつながります。

漢方に対してしっかりと知識を持っている医師に処方してもらうことが大事です。

また不安や不眠など心の状態での症状が出ている場合も多く、そういった時には心のケアが重要になってきます。

カウンセリングを受けて辛い状況を話しをして、アドバイスをもらうということでも楽になる人もいます。

更年期障害は年齢的に仕方がないものなどと捉えられることもあり、周りに話しても深刻に受け止められなかったりして、一人で抱え込んでしまう人も少なくありません。

人に話をすることによって、辛い症状が楽になることもあるのです。

さらにカウンセリングではなく、抗不安薬、睡眠薬などの処方によって、それを飲むことで症状が和らぎ、心が安定するということがあります。

心が安定することによって、更年期で起きている問題に対して落ち着いて向き合うことができるようになってくるのです。

更年期障害の症状として心が辛くなっている場合には、こういった薬を処方してもらうことも有効です。

症状が軽い場合には自分で対処療法をとっていくことで良いのですが、症状が重度化してくると、それが日常生活に支障を来してきて強いストレスとなる、ストレスによって更年期障害の症状が悪化するという悪循環にも陥ってしまうことがあります。

放っておくと10年程度も更年期障害の症状に悩まされ続けるという人もいるので、そういった状態から抜け出すためにも病院を訪れるという選択は良いと思います。

更年期障害に対して経験のある医師に相談をすることによって、日常生活でのアドバイスをもらえたり、ホルモン剤やその他の治療薬がもらえたりすることができ

症状の緩和が期待できます。辛い症状をそのままにして耐えるということは本人にとって苦しいことなので、一人で抱え込まない、誰かに辛い気持ちを聞いてもらう

支えてもらうということが何よりも大事となってくるのです。

更年期障害の問題は深刻で、そこから鬱病に発展してしまう人もいるので、簡単に考えていてはいけないのです。

エクオール+ラクトビオン酸(アドバンスト・メディカル・ケア)

エクオール女性ホルモンである「エストロゲン」と似た特性を持つことで、“スーパーイソフラボン”とも言われる「エクオール」を国内最大の10mg配合したサプリメントが「エクオール+ラクトビオン酸」です。

更年期障害の主な原因であるエストロゲンの減少に直接作用する働きがあるのはエクオールのみなので、とりあえずこれを選んでおけば間違いないと思います。

しかも、エクオール研究の専門医との共同開発により、エクオールの産生力を高める「ラクトビオン酸」を150mg配合することで、よりエクオールの働きをサポートしています。

おすすめの理由 なんといっても話題の「エクオール」配合だから女性ホルモン(エストロゲン)に直接働きかけます。また、エクオールの生成を助けるラクトビオン酸も配合しているので、効率よく体内にエクオールを吸収することができます。
価格 定期コースで5,832円(送料無料)定期便は初回解約OK
成分 女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをもつ「エクオール」を10mg配合し、エクオールを産生できない方でも直接エクオールを摂取することができます
安全性 医薬品レベルのGMP認定工場で製造されているので安心。成分自体も無添加で安心です。

>>最安値で買える公式通販はこちら

-基礎知識

Copyright© 更年期サポートサプリSelect! , 2017 All Rights Reserved.