更年期障害を乗り切るためのサプリメントガイド

更年期サポートサプリSelect!

ホルモン補充治療法とはどういった治療なの?効果や副作用について

投稿日:

更年期障害の治療方法でホルモン補充療法というのがあります。

この治療方法を主流としていることが多いです。

ホルモン補充療法とはどういった方法なのか、その効果について知っておくことで更年期の治療を安心して行うことができます。

【ホルモン補充療法とは?】

更年期障害の原因である女性ホルモンの急激な低下に対して、必要最低限のホルモンを補充する治療法のことを言います。

ホルモンを補充することによって、急激なホルモンの低下を緩やかにすることができ、体とホルモン環境を適合させていく治療方法となります。

ホルモン補充療法は更年期障害の治療の基本とも言われており、ホルモンの低下という変化を抑制するための役割が大きいのです。

補充するホルモンを1種類だけにしてしまうと、子宮からの出血など副作用を起こしてしまう可能性があるので、副作用を防ぐためにエストロゲンという女性ホルモンとプロゲステロンという黄体ホルモンを一緒に投与して補充していきます。

また、年齢や閉経時期などによってホルモンの組み合わせ何通りか用意されています。

【ホルモン補充療法の種類】

ホルモン補充療法には飲み薬、貼り薬、塗り薬の3種類があります。

飲み薬は口から錠剤を飲む方法です。

薬は胃腸から吸収されて肝臓を通って血液中に入るので、胃や肝臓に負担をかけてしまう場合があるので胃腸の調子が悪い人には向きません。

貼り薬は、飲み薬よりも負担なく行えます。

貼り薬をおへその横や腰に貼ります。

貼り薬の特徴は貼ることによって皮膚から女性ホルモンの1つであるエストロゲンが入り込み、血液の中に取り込まれます。

皮膚から直接取り込まれるので胃腸の調子が悪い方でも取り入れられますが、かゆみやかぶれなど皮膚症状が出てしまうこともあります。

塗り薬はジェル剤を塗ることで、皮膚からエストロゲンを取り入れる方法です。

こちらも胃や肝臓の負担は少ないですが、かゆみなどの症状が出ることがあります。

【ホルモン補充療法を行うことによる効果とは】

更年期障害の特有の症状である顔のほてり、のぼせ、大量の発汗、動悸、息切れといった症状の改善に役立ちます。

また、精神的な書状であるイライラや不安、脱力感の改善にも効果が期待できます。

血中コレステロールの低下による動脈硬化の予防、皮膚のコラーゲン量の減少を抑えて美肌効果、骨粗しょう症の予防にも効果が期待できます。

【ホルモン補充治療には副作用の可能性があることを知っておく】

治療を始めると乳房の張りや痛み、ちょっとした出血が見られることがあります。

これらは使用していくうちに段々と無くなくなるので過度な心配はいりません。

万が一、無くならない場合はホルモンの量を調節します。

また、薬によるアレルギーを持っている場合や卵巣がんや子宮体がんなどを持っている場合、心臓や肝臓に疾患を持っている場合、高血圧、糖尿病などの治療中の方は病状が悪化してしまう可能性があるので、薬の使用ができない場合があり、個人によって治療方法は異なります。

エクオール+ラクトビオン酸(アドバンスト・メディカル・ケア)

エクオール女性ホルモンである「エストロゲン」と似た特性を持つことで、“スーパーイソフラボン”とも言われる「エクオール」を国内最大の10mg配合したサプリメントが「エクオール+ラクトビオン酸」です。

更年期障害の主な原因であるエストロゲンの減少に直接作用する働きがあるのはエクオールのみなので、とりあえずこれを選んでおけば間違いないと思います。

しかも、エクオール研究の専門医との共同開発により、エクオールの産生力を高める「ラクトビオン酸」を150mg配合することで、よりエクオールの働きをサポートしています。

おすすめの理由 なんといっても話題の「エクオール」配合だから女性ホルモン(エストロゲン)に直接働きかけます。また、エクオールの生成を助けるラクトビオン酸も配合しているので、効率よく体内にエクオールを吸収することができます。
価格 定期コースで5,832円(送料無料)定期便は初回解約OK
成分 女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをもつ「エクオール」を10mg配合し、エクオールを産生できない方でも直接エクオールを摂取することができます
安全性 医薬品レベルのGMP認定工場で製造されているので安心。成分自体も無添加で安心です。

>>最安値で買える公式通販はこちら

-基礎知識

Copyright© 更年期サポートサプリSelect! , 2017 All Rights Reserved.