更年期障害を乗り切るためのサプリメントガイド

更年期サポートサプリSelect!

更年期障害を改善できる「食べ物」ってあるの?

更新日:

女性も年齢を重ねていくごとに、体の変化を感じるようになりますが、多くの人が通過する症状に更年期障害があります。では更年期障害を改善できる食べ物や栄養素には何があるのでしょうか。

大豆イソフラボンの女性ホルモン効果

イソフラボン(大豆)大豆イソフラボンは女性なら雑誌やWebサイトでもよく目にするかもしれません。美容に複数の効果がある事で知られています。そして、この大豆イソフラボンは更年期障害にも役立ちます。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする事で知られれています。この事が更年期障害改善にいい理由です。大豆イソフラボンを体に取り入れる事により、弱くなっている女性ホルモンの働きを補強するのです。

大豆食品を口にする事で、大事イソフラボンが腸まで運ばれて、アグリコンと言われる成分になり体に吸収されていきます。イソフラボンアグリコンは更年期障害改善に非常に有効に働き更年期障害の症状である、ほてりや発汗などを弱める事ができます。

大豆イソフラボンを摂取できる食べ物は納豆や、おから、豆乳など大豆製品です。

ブドウ種子ポリフェノールは飲んでもいい

ぶどう種子ポリフェノールの中でも、プロアントシアニンと呼ばれる種類が最も抗酸化作用を強く持ちます。ブドウに入っている成分ですから、ワインを飲んでも取り入れる事ができます。

ブドウ種子ポリフェノールは血の巡りを良くして、生活習慣病やむくみ、疲労回復、腸内環境などの改善に貢献します。さらに、抑うつ、不安などの更年期障害で強く出る症状に対しても効果的であるとされています。

どのように取り入れるかですが、食事で摂るのは大変ですからオーガニックのぶどうジュースやワインがいいでしょう。

葉酸が足りないと鬱になりやすい

更年期障害の症状には鬱的な気分や落ち込みなどがありますが、それはセロトニンが関係している事があります。セロトニンが不足するとうつ病になりやすいと考えられています。葉酸を摂取すればセロトニンを増やす事ができます。

また葉酸が役に立つのは動脈硬化に対してです。更年期障害になると動脈硬化を発症する人がいますが、葉酸の働きが改善に導いてくれるのです。葉酸にはホモシステインと呼ばれる成分を無害なメチオニンに分解してくれる効果があります。

実はホモシステインは動脈硬化を引き起こす原因になる成分です。それをメチオニンに分解する事で無害な物に変えるのです。葉酸を食べ物で取り入れたいならうなぎ、ブロッコリー、レバー、もろへいやなどに多く含まれています。

更年期障害の症状を感じているのなら食べ物にも気を付けて効果的な食事を心掛けましょう。どうしても、症状が酷い時には病院に相談するようにしましょう。

エクオール+ラクトビオン酸(アドバンスト・メディカル・ケア)

エクオール女性ホルモンである「エストロゲン」と似た特性を持つことで、“スーパーイソフラボン”とも言われる「エクオール」を国内最大の10mg配合したサプリメントが「エクオール+ラクトビオン酸」です。

更年期障害の主な原因であるエストロゲンの減少に直接作用する働きがあるのはエクオールのみなので、とりあえずこれを選んでおけば間違いないと思います。

しかも、エクオール研究の専門医との共同開発により、エクオールの産生力を高める「ラクトビオン酸」を150mg配合することで、よりエクオールの働きをサポートしています。

おすすめの理由 なんといっても話題の「エクオール」配合だから女性ホルモン(エストロゲン)に直接働きかけます。また、エクオールの生成を助けるラクトビオン酸も配合しているので、効率よく体内にエクオールを吸収することができます。
価格 定期コースで5,832円(送料無料)定期便は初回解約OK
成分 女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをもつ「エクオール」を10mg配合し、エクオールを産生できない方でも直接エクオールを摂取することができます
安全性 医薬品レベルのGMP認定工場で製造されているので安心。成分自体も無添加で安心です。

>>最安値で買える公式通販はこちら

-基礎知識

Copyright© 更年期サポートサプリSelect! , 2017 All Rights Reserved.