更年期障害を乗り切るためのサプリメントガイド

更年期サポートサプリSelect!

更年期は人間だけじゃない!動物にも「更年期障害」はあるんです

更新日:

年齢を重ねてくるとホルモンバランスの乱れてきて精神的に不安定になってしまう事があります。特に40歳以上になるとこのような症状が出てくる事が多くなり更年期障害と呼ばれています。

人間が更年期障害になると肉体的にも精神的にも症状が出てしまいますが、実は動物でも更年期障害が出てしまう事があります。

日常生活の中でペットを飼う人が増えてきていますが、そのペットとして飼う事が多い犬も更年期障害の症状が出る事があるので注意する必要があります。そこで犬の更年期障害の特徴について見ていく事にしましょう。

精神面の症状は人間と異なる

シニア犬人間が更年期障害になるとイライラしやすくなって精神面で乱れてしまう事が多いですが、犬が更年期障害になると落ち着いてくる傾向があります。犬は6歳を過ぎるとミドル世代と言われていて人間で言うと40歳ぐらいになりますが、基本的にその辺りで更年期障害が出てきます。

しかし犬の場合は子犬から成犬になりかけている時の方が吠えたりして感情をむき出しにする事が多いです。

それで更年期障害になると精神面で落ち着いてくるので気づかない事も多いです。6歳ぐらいで急に落ち着いてきたら更年期障害が出てきている可能性があるので犬を飼っている人はよく覚えておきましょう。

消化器系の症状は人間に似ている

えさを食べない人間が更年期障害になると消化器系の症状も出てきます。主に食欲不振や便秘と下痢を繰り返す事が多くなりますが、犬も同じような症状が出る事が多いです。

今まで食欲旺盛だったのが、急にドッグフードを食べなくなったり排便する時にスムーズでなかったり水分が大量に含まれている便が出たりした時は更年期障害が出てきている可能性があります。特に6歳ぐらいでこのような症状が出てきてら注意しましょう。

散歩に行きたくなくなる

犬歩き疲れる犬が健康な状態の時は必ず散歩に行きたがります。犬は人間より頭が良いので毎日散歩をしているとどの時間に行くのかしっかり把握しています。

それで散歩に行く時間が近づいてくるとリードを加えたり吠えたりして早く散歩に行きたいとアピールしてきます。しかし更年期障害が出てくると散歩に行きたいというアピールを一切しなくなります。

それに散歩に行く時間になっても行きたがらなくなったりします。6歳ぐらいで急に散歩に行きたがらなくなったら更年期障害が出ている可能性があるので注意が必要です。

犬の更年期障害はこのような特徴があるので飼っている人は見過ごさないようにしっかり頭に入れて症状が出たらすぐに対策していくようにしましょう。

エクオール+ラクトビオン酸(アドバンスト・メディカル・ケア)

エクオール女性ホルモンである「エストロゲン」と似た特性を持つことで、“スーパーイソフラボン”とも言われる「エクオール」を国内最大の10mg配合したサプリメントが「エクオール+ラクトビオン酸」です。

更年期障害の主な原因であるエストロゲンの減少に直接作用する働きがあるのはエクオールのみなので、とりあえずこれを選んでおけば間違いないと思います。

しかも、エクオール研究の専門医との共同開発により、エクオールの産生力を高める「ラクトビオン酸」を150mg配合することで、よりエクオールの働きをサポートしています。

おすすめの理由 なんといっても話題の「エクオール」配合だから女性ホルモン(エストロゲン)に直接働きかけます。また、エクオールの生成を助けるラクトビオン酸も配合しているので、効率よく体内にエクオールを吸収することができます。
価格 定期コースで5,832円(送料無料)定期便は初回解約OK
成分 女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをもつ「エクオール」を10mg配合し、エクオールを産生できない方でも直接エクオールを摂取することができます
安全性 医薬品レベルのGMP認定工場で製造されているので安心。成分自体も無添加で安心です。

>>最安値で買える公式通販はこちら

-基礎知識

Copyright© 更年期サポートサプリSelect! , 2017 All Rights Reserved.